HOME | 省エネ

省エネな暮らしを可能にする

東日本大震災の原発事故以来、特に省エネルギー性能の意識が高まっています。
政府も様々な取り組みの中で、住宅においても積極的に省エネ性能の高い家を推奨しています。
実方工務店でも、断熱性能を高めることで夏や冬の冷暖房効率の向上を図ったり、太陽光発電の提案を行いながら、省エネ住宅に取り組んでいます。
 
省エネ

一次エネルギー消費量計算の実施

現在の日本の住宅では、省エネ性能を図るうえで基準となっているのが「一次エネルギー消費量計算」という計算手法です。
これは、建物の断熱性能を元に、冷暖房設備や給湯、換気、照明などの省エネ性能を数値化して計算することで、その家の省エネのレベルが数値化できるというものです。
実方工務店では、この計算を行うことでお客様の家の省エネ性能を数値化します。このレベルが高ければBELSという第三者機関のお墨付きももらうことができます。
また、この計算を元に必要な太陽光発電を掲載すると「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」というレベルの住宅を建築することも可能です。
BELS
省エネルギー計算

実方工務店の家づくりの技術

耐震性能 

断熱性能

断熱材で快適  
耐震改修

耐震改修

大地震に備えて  
木造耐火

木造耐火

防火地域に木造建築  
省エネ性能

省エネ性能

省エネルギー性  

断熱リフォーム

快適なリフォーム